4Plus ホームページ

箏、二十五絃箏の音色が邦楽器の印象に新風を・・・


4plusとは…
桐朋学園芸術短期大学で出会った木村麻耶・佐藤亜美・日原暢子・町田光が、二十五絃箏の持つ魅力に魅せられ、普及と作品創作を目的に2009年に結成しました。
二十五絃箏は、1991年、二代野坂操壽(惠子)先生が、「十三絃箏がもつ音域を全て一面でカバーでき、低音域も充実し、さらに箏の内面に踏み込める独奏楽器」として考案、発表されました。
1969年に二十絃箏を発表後、「誰もが共感する根源の音」を求め続け、辿り着かれた楽器です。

私達は、「二十五絃箏は次世代に残るべき楽器」という信念のもと、これまでに、普及を目的とした「25strings-koto Revolution Concert」と、作品創作を目的とした「二十五絃箏作品演奏会」を  自主開催し、少しでも多くの方に二十五絃箏の織り成す魅力を実感していただこうと取り組んで参りました。

◆近年の活動としては、
CD『伊福部昭二十五絃箏曲集(伊福部昭十年祭のための)』(音楽之友社「レコード芸術」誌、特選盤に選出)に参加、 NHK-FMラジオ 邦楽のひととき -現代邦楽- にて「日本狂詩曲(二十五絃箏版)」 を演奏。 第34回NHK東北民謡コンクール優勝大会オープニング演奏。
石井智子スペイン舞踊生活40周年記念公演「ちはやふる-大地の歌-」(平成29年度文化庁芸術祭舞踊部門大賞受賞)の音楽を担当。
また、芸術鑑賞会等の学校公演、地域参加型ワークショップ、各種イベント等様々な場面で、幅広く音楽活動を展開しています。

2012年より吉葉景子が加入、2018年より町田光が休団中。

最新ニュース
第9回二十五絃箏作品演奏会 -4plus結成10周年及CD発売記念-
★伊福部昭十年祭記念CD「伊福部昭 二十五絃箏曲集(伊福部昭十年祭のための)」

  • メンバープロフィール
  • 新曲初演活動 二十五絃箏新曲作品演奏会
  • 普及活動 25 strings-koto Revolution concert
  • 演奏依頼承ります
  • サウンド
  • スケジュール
  • 4+ブログ
  • お問い合わせ